処理し忘れると困る!足の脱毛 | めっちゃ安い脱毛サロン大阪編、梅田・心斎橋・天王寺・京橋他






処理し忘れると困る!足の脱毛

冬の間はパンツや色つきのタイツで、足の脱毛のことなんか考えなくても
なんとかなる日々を過ごせますが、暖かくなるとさすがに黒タイツってわけにもいかず
ベージュのストッキングなどが多くなります。

電車で座っているとき、前に座る女性の足を見て驚いたことないですか?
ベージュのストッキングの下に、足の毛がぺたーっと何本も張り付いてる・・!!
本人気づいてないのかな??と思う前に、自分の足は大丈夫かな?

足の脱毛を自己処理でしている場合は、うっかり処理を忘れちゃった翌日なんかに、
外出前の着替えのとき気づいてすごく焦ったり。
ベージュの薄いストッキングじゃ毛が丸見えだから、
同じベージュでも厚めの柄つきのおしゃれストッキングにしよう!とか。

仕舞いに、こんな細かいとこまで見てる人いないだろうし
大丈夫と開き直って外へ出るなんてことも。
うーん・・処理を忘れちゃうことを考えると、
間違いなくサロンで足の脱毛をしとくほうが焦りは少なくて済みますよね。

 

足の脱毛~自己処理のリスク

足の脱毛は、自分で処理しやすい場所でもあることから
カミソリや毛抜きで処理する人が多いですね。
比較的見やすいので自己処理が当たり前になってきてしまいます。
でも、自己処理にもリスクがあるんです。
色素沈着などの肌トラブルがよく知られてます。
中でも「埋没毛」っていうのご存知ですか?

埋没毛って、埋もれ毛って言われることもあって、
要は自己処理を繰り返した結果、毛が毛穴を通らずに
中の皮膚を貫通して生えちゃう状態のこと。

なんかすごく怖そうですよね。
毛が外に出てこないで生えるってことは、処理できないじゃないですか!
皮膚の中にどんどん毛が生えたら、処理できない上の見た目も相当・・。

自己処理って、そういうリスクがあるんです。
特に足の脱毛を誤った方法でしてしまったり、大丈夫と思って続けているうちに埋没毛が発生します。
なんて恐ろしい。

埋没毛は放っておくと皮膚の病気を併発したりもします。
そうなってから皮膚科へ行くより、サロンへ行って正しい足の脱毛をしてもらうほうが良さそう。